メルライン 成分

MENU

メルラインの成分と副作用は安全?

 

メルライン,成分

 

メルラインはどんな成分からできているのでしょう。副作用はなく安全にニキビケアはできるのでしょうか?

 

 

とっておきのふたつの成分が、ニキビケアを引き受けます

 

メルラインに配合されている有効成分はグリチルリチン酸2Kと水溶性プラセンタエキス。

 

グリチルチリン酸2kは甘草の根に含まれている成分で長い間、漢方薬に使われているものです。体の炎症を抑える作用があるので、口内炎や風邪薬になどに、使われることがよくあります。

 

抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2kには、赤く腫れたニキビを鎮める効果も期待できます。

 

プラセンタは何からできているかというと、胎盤から抽出したエキスです。ちょっとドッキリする人もいるかもしれませんが、プラセンタの効能は多く、様々な分野で重宝されています。

 

化粧品に使われることの多いプラセンタは、保湿効果がとても高いので、自然と肌の調子がよくなっていきます。そのため、肌が美しく、白く変わっていきます。

 

細胞も活性化され、疲労回復の効果もあります。ホルモンバランスを正常に整え、血行をよくするために、冷え性や体質改善にもひと役かっているほどです。そして、炎症を沈め、ダイエット効果まで期待できます。

 

しかも、メルラインに使われているプラセンタは水溶性。しっかりと浸透して、必要な箇所で効果を発揮します。

 

グリチルリチン酸2Kと水溶性プラセンタエキスができてしまったニキビの炎症を抑え、肌の保湿力を高めていきます。常に潤っている肌には、高いバリア機能があるために、肌本来の力でニキビのできにくいツルツルの素肌を作り出します。

 

 

選び抜かれた10種類の保湿成分

 

メルラインには、ふたつの有効成分のほかに、保湿に重点をおいた成分が10種類も高濃度で配合されています。

 

水溶性コラーゲン、アセチル化ヒアルロン酸、濃グリセリン、ヒアルロン酸、加水分解ヒアルロン酸、トレハロース、BG、ステアロインフィトスフィンゴシン、トリチルグリシン、1,2-ヘキサンジオールがそれぞれの作用で、肌に潤いを与えプルプルの肌を作り出します。

 

メルラインに美容成分はまだまだ使われています。独自に開発した、より効果の高いプラセンタがビオカタライザープラセンタです。メラニンを抑制して、ターンオーバーを整えます。天然ビタミンCが肌の代謝をしっかりとサポート。

 

選りすぐりの美容成分がこれだけ使われているので、メルラインの効果の高さが納得できます。

 

 

敏感肌の人も安心して使えます

 

メルラインは、安全性も重点を置いて作られた、刺激の少ないジェルタイプの薬用化粧品です。メルラインの成分には、合成香料、着色料、鉱物油、石油系の界面活性剤、パラベンは入っていません。

 

肌が乾燥気味の人、敏感肌の人にも安心して使ってもらえるように、成分にもこだわって作られています。ニキビができているということは、肌バランスが崩れ、肌か過敏になっている証拠です。こんな時にも安心して使える仕上がりになっています。

 

メルラインは成分だけではなく、製造過程にも細心の心配りをしています。医薬品を作るのと同じレベルの品質を維持した、国内の工場で作っている徹底振りです。

 

高いニキビケアの効果があるために、中にはステロイドが使われているのではと気になってしまう人もいるようです。メルラインにはステロイド系の成分もいっさい入っていませんので、安心して長期的に使うことができます。